あああ

漢方精力剤の効果とは?副作用はある?

漢方精力剤の効果とは?副作用はある?

こんにちは、漢方精力剤マニアこと、カンマニです。
今回は、漢方精力剤の効果について、
また漢方精力剤を服用するメリットについて、
詳しく説明したいと思います。

漢方精力剤を選ぶメリット

バイアグラなど、いわゆるED(勃起不全)治療薬と比べると、
漢方精力剤はどうしても効果が弱いのでは?と思われがちですが、
漢方精力剤ならではのメリットも、もちろんあります。

また、漢方精力剤というと、

  • 「パッケージからして何となく怪しい」
  • 「説明書が中国語のため、使用方法が分からない」
  • 「偽物が多いかも」
  • 「販売サイトがどうも胡散臭い」

などの先入観が強く、購入をためらう方も多いと思います。
しかしその一方で、例えば「巨人倍増」「黒蟻王」「超金龍」シリーズなど、
多くのユーザに支持され人気商品になっている漢方精力剤も数多く存在します。

また、粗悪品、偽物が多いというイメージのある漢方精力剤ですが、
近頃は、バイアグラなどED治療薬を取り扱っている海外医薬品の個人輸入代行業者でも、
漢方精力剤を取り扱っているところが増えてきています

信頼のおける個人輸入代行業者からきちんとした正規品を手に入れることができれば、
偽物をつかまされる心配は、さほど必要はありません。

一部の悪徳業者、どうも見た目からして胡散臭い販売サイトの扱う偽物商品により、
実際、健康被害などの情報も含めて出回っていますが、
カンマニ自身がいつも購入している個人輸入代行業者では、
そのようなことはまったくありませんでした。

漢方精力剤の一番大きなメリット、それは・・・

ズバリ、「副作用が少ない」ということです。

私は日頃、ED治療薬も併用していますが、
ED治療薬は、その時の体調にもよると思うのですが、
たまにのぼせや頭痛などの症状が現れることがあります。

しかし、漢方精力剤を服用する限り、これまでこのような症状が現れたことはありませんでした。
体質などの個人差があるので全てが当てはまるわけではありませんが、
私の周りの使用経験のある友人やネット上の口コミなどを見ても、
「副作用が少ない」「体に優しい」という声は多いです。

なぜ、漢方精力剤は副作用が少ないのでしょう?

これは当たり前のことですが、
漢方精力剤というのは、主成分が自然から発生した動植物性の漢方生薬です。
化学物質で製造されているED治療薬と比較すると、
身体へのダメージが少ないことは明らかです。

たとえば風邪を引いた時などに、医師から処方される薬が、
西洋薬と漢方薬、どちらか選択できる場合があります。
このような場合、私はできる限り漢方薬を選ぶようにしています。

これは、中国滞在時の経験からよるものなのですが、
西洋薬を飲み続けても治らなかったものが、漢方薬を飲んだことで治ったり、
また漢方薬を飲み続けることにより慢性病が回復したりということを現実に体感しています。
中国5000年の長い歴史の中で、数多くの臨床ケースを積み上げてきた経験はやはり流石!と感じざるを得ません。

漢方精力剤の成分について

漢方精力剤は、中国においても非常に高価で希少な漢方生薬が使用されています。
これまでの各漢方精力剤紹介の記事内においても、各商品の説明書がダウンロードできるようになっています。
ご興味ある方は、是非ご覧になってください。

説明書内に記載されている主成分を確認していただきたいのですが、
一つの商品の中に非常に多種の勃起不全、ペニス増大に効果的な成分が配合されています。
これらの成分一つ一つが血流を促進するものであったり、
ホルモンの分泌を促すものであったりします。
説明書を見れば、なぜ一般のED治療薬と比較して高価なのか、
なぜ効果が強力なのかが理解できると思います。

ただし、これだけは注意してください!

私は、漢方精力剤を一般的なサプリメントのような感覚で、
毎日何もないのに摂取し続けるのは危険だと思っています。

商品によっては、説明書で継続使用を勧めていたり、
一部の個人輸入代行業者の中では、
漢方精力剤は継続使用することでさらに効果あり!
などとお勧めしているところもあります。

ただし、偽物の摂取による健康被害も報告されていますし、
何よりこれだけ強力な漢方生薬が多種配合されたものを毎日飲み続けると、
他の部分に影響が出てくる可能性もあります。
私見ですが、漢方精力剤もED治療薬と同様、性行為の前だけに使用するべきです。

即効性が気になるところですが・・・

また、漢方精力剤に対しては、ED治療薬と比較すると効果が弱いのではないか、
あるいは即効性がないのではないかというイメージがあるかと思います。

が、その点はまったく心配ありません!

近頃リリースされている商品を試してみますと、
商品によっては、少し立ち上がりが穏やかかな?と感じるものもありますが、
ほとんどの漢方精力剤はED治療薬と比べても遜色なく、
むしろそれ以上の商品もあります。

人気シリーズなどは、年を追うごとに主成分などの改善改良が実施され、
バージョンアップして再リリースされることもあり、
ひと昔前から比較すると製造技術レベルが格段に向上しています。

他の産業もそうですが、ファーウェイなどの携帯が世界で躍進したり、
世界中において、AI技術などの先端技術を中国がリードする時代がやってきており、
「中国=製造技術が低い」という概念はすでに過去のものとなりつつあります。

漢方精力剤や医薬品の製造技術も同様にレベルがアップしてきていますので、
その辺は今後ますます安心度は高まると考えます。

かといって、未だ偽物が多い国であることも確かなので、
くれぐれも信頼のおける個人輸入代行業者から購入するようにしてください。

漢方精力剤とED治療薬、どっちを選べばいい?

ここまで読んでいただいても、果たして「漢方精力剤を買うか?」、
「バイアグラなどのED治療薬を処方してもらうか?」でまだ悩む方もいらっしゃるでしょう。
さてさて、どちらが良いのか?という論点で見ると、
結論は「人による」という答えに落ち着いてしまいます(すみません身も蓋もない結論でw)。

例えば、先ほども風邪をひいた時の例を挙げましたが、
もっとわかりやすい例で例えてみましょう。
市販薬に例えると、”ル●アタックEX”を使うのか?
それとも、”葛●湯”を使うか?という感じでしょうか。

おそらく殆どの人はル●アタックEXのような西洋系の市販薬を使うと思います。
しかし、中には風邪の初期の時は”葛●湯の方が効果抜群というタイプの方もいらっしゃるでしょう。

私は経験上、ル●アタックやパブ●ンなどよりも、
風邪のひき始めは葛●湯の方がすぐに体調が回復することが多いですし、
中国での駐在時も、中医学のお医者さんに処方していただいた漢方薬のほうが
効き目があった、という経験があります。

まとめ

こういったように、西洋系と漢方系どちらが良いというのではなく、
人によって効果は違うということですね。

病院で処方される薬を「漢方薬でお願いします!」と言う高齢者も結構いらっしゃるようで、
そういった人は、私と同じように漢方薬の方が自分の体に適しているという経験を、
どこかでしているのかもしれません。

私は特に漢方薬にこだわっているわけではありませんが、
風邪の初期症状だけでいえば漢方系の葛●湯が比較的効果抜群というだけで、
もっとひどくなれば病院に行って、お医者さんに処方してもらった薬を服用します。
その時はほぼ100%で西洋系の薬が何錠か処方され、そして完治します。

個人的な意見で言うと、
私のように葛●湯を愛用している方は漢方精力剤に期待してもいいと思います。
最終的には試して比べるしかないわけですが、
漢方系に慣れている体質の方であれば、効果は高いかもしれません。

そういった方は、ぜひ一度お試しください。

ではでは、これからも私が実際に使用したことのある漢方精力剤の中から、
これぞ!と言った商品を紹介していきますので、次回をお楽しみに。
ありがとうございました。

漢方精力剤の効能カテゴリの最新記事