漢方精力剤「巨人倍増」って、本当に効き目あるの?

漢方精力剤「巨人倍増」って、本当に効き目あるの?

という問い合わせが多数、私の元に寄せられています。
こんにちは、生まれも育ちも関東地方、にも関わらず、
カープファンのカンマニですが(ファン歴約40年!)、
今回は、改めて漢方精力剤「巨人倍増」について、私見ではありますが、
もう少し掘り下げて解説してみたい
と思います。

実際、私のサイトでも、
検索を通じて「巨人倍増」のコンテンツを閲覧していただいている方はとても多く、
非常に多くの方が関心を持っておられるようですね。

また、Googleなどの検索ツールで「漢方精力剤」「ペニス増大」というキーワードで検索してみると、
必ずと言っていいほど上位結果で表示されるのがこの「巨人倍増」です。
漢方精力剤の中でも、知名度・人気共にNo.1といっても過言では無いでしょう。

まずは「巨人倍増」の概要から。

巨人倍増

前回の記事と重複点は多くなりますが、「巨人倍増」について、
説明書やネット上の情報などをもとに、ざっと紹介してみます。

「巨人倍増」は、日本のみならず、生産国である中国においてもとても認知度の高い、
人気のある漢方精力剤です。
「巨人倍増」の注目すべき点は、まずペニス増大サプリとしての効能です。
様々な高級漢方成分が含まれており、その成分が細胞の再生力の促進、
そしてペニスを大きく成長させる働き
に作用します。

また、細胞の再生力を促進して、睡眠時の睾丸の働きを活発化させ、
ペニス組織の発育を促進することによってペニスの大きさそのものを更に成長させます。
ペニスの海綿体内部に浸透し、血管を拡張と血流の流入を促進、
つまりペニス増大を促進する
というわけです。

さらにペニス増大だけではなく、精力増強、ED(勃起不全)の治療にも向いています。
実際、「巨人倍増」を精力増強、ED対策として愛用している人も多いそうです。
よって、単に勃起力を強化させるだけではなく、飲み続けることによって、
おどろくほどの成長作用があります。
健康を維持しながら、ペニスの大きさを底上げしてくれます。

貴重な動物性生薬が主成分。

漢方精力剤巨人倍増パッケージ

「巨人倍増」は、鹿鞭(鹿の陰茎と睾丸)、ロクの睾丸、ロバの陰茎など、
貴重な動物性生薬
がふんだんに使用されているところに特徴があります。

漢方には、「同物同治」という考え方があります。
ある部位が悪ければ、他の動物の同じ部位を食べれば良くなるという理論です。
鹿は一夫多妻で、雄鹿は精力が強く、どんどん子孫を増やしていきます。
セックスに強い鹿のペニスと睾丸は、勃起力向上、ペニス増大に威力を発揮します。

また、ロバの陰茎も中国では勃起力向上のために食されており、
高度な技術によって抽出されたこれらの生薬を体内に取り入れることにより細胞の再生力を促進、
さらにペニス組織の発育を促進しながら大きく生長させ、
セックスの力をアップさせます。

「巨人倍増」の使用上の注意点は?

「巨人倍増」を使用する上での注意点としては、
ED治療薬とほぼ共通する内容が書かれています。
それだけ使用上の注意が必要な成分が使われているということが分かりますね。
実は以前、各県の調査により「巨人倍増」から「シルデナフィル」や「タダラフィル」がたびたび検出されているので(これらはおそらく偽造品だと思われますが)、
もはやED治療薬と同じと考えておくべきです。
また、副作用や健康被害に遭遇しているケースも報告されています。

以上、「巨人倍増」に関するネット上での情報なのですが・・・

巨人倍増

ここまで、私がネット上で拾ってきた情報をまとめてみたのですが、
実際のところは、どうなんでしょう?
ここからは、私、カンマニの独自の見解を、偽りなく解説していきます。

まず、巷で売られている「巨人倍増」は1箱8錠入りが一般的で、
価格は5,000円前後、コストパフォーマンスは非常に高いです。

ただし、漢方精力剤の中でとても知名度のある商品なので、
偽造品も多く、「巨人倍増」を取り扱っている個人輸入代行業者の販売サイトを見ても、価格や商品解説は本当にバラバラです。
本場中国でも人気商品になっていますが、中国のサイトを見ても情報は玉石混合です。
価格が極端に安かったり、逆に高かったりする業者には、
くれぐれも注意
してください。

また、偽造品からは、本来漢方精力剤には含まれるべきではない、
ED治療薬に使用されるような成分、たとえば「シルデナフィル」や「タダラフィル」が検出されたりなどしていますので、
信頼できる個人輸入代行業者から正規品を買う
ということに気を配らなければなりません。
もちろん正規品を手に入れれば、効果は問題ありません。
おおよそ上記のネット情報にほぼ偽りはなく、勃起力やペニスの増大効果が期待できます。

ただし、中国語の説明書に書かれている内容の中で、
注意した方が良いと私が考える点
が一つあります。
それは、ペニスの段階的な増大効果を達成するために、
サプリメントと同じように継続服用を勧めるような文面があるのですが、
ここは文面をそのまま受けとって、
頻繁に服用するのは危険だと私は考えています。
私が中国語の説明書を翻訳、作成した日本語説明書を、
こちらにアップします。

巨人倍増の日本語説明書(PDF)

巨人倍増に限らず、の話なんですが、
漢方精力剤はどれも相当強い生薬が多種配合されているので、
ED治療薬と同等もしくはそれ以上のパフォーマンスを発揮します。
しかし、副作用が少ないとはいえ、
サプリメントを服用する感覚で毎日服用すると、
健康被害が出る恐れがあります。

ED治療薬と同様、性行為の前にだけ服用すべきで、
服用の間隔は空ける必要があります。
もちろん心臓に疾患のある方や高血圧など、
医師から止められている場合も服用はNG
です。
中国の漢方精力剤はお国柄でしょうか、
誇大表現が当たり前の世界なので、
説明書を鵜呑みにせず、慎重になる必要がありますね。

「巨人倍増」について、まとめます。ここに注意してください!

漢方精力剤巨人倍増パッケージ

信頼のおける個人輸入代行業者を見つけましょう!

日本においてはネット上に非常に多くの情報が掲載されており、
本場中国においても人気が高く、
「百度」など中国の検索エンジンで検索すると、
かなりの情報がヒットする、
誰もが認める人気漢方精力剤、「巨人倍増」
しかし、人気のある商品だけに偽造品も多く、
ネット上の情報を集めてみても、
成分や効能、販売価格など実にバラバラです。
含まれている成分からシルデナフィルが検出されるなど、
ネガティブな話題もありますので、
くれぐれも偽造品を購入してしまう事のないよう、
信頼のおける個人輸入代行業者から購入、入手するようにしましょう。

それと、最近の情報ですが、
パッケージの色が変わったという書き込みを某サイトで見つけました。
私が以前購入したものと、つい最近購入したものを比べてみると・・・

確かに、最近購入したものはパッケージの青い部分が濃くなっています。
よく見ると右上にある人物のイラスト?も変更されています。

巨人倍増
右が最近、2020年になって購入したものです。

古いパッケージのものが必ずしも偽造品であるとは限りませんが、
なるべく、新しいパッケージの画像が使われている通販サイトから
購入した方が良い
かもしれませんね。

副作用があらわれることも・・・

ほかの医薬品と同様、外部から摂取するものですから、
漢方精力剤といえども、
多少の副作用がみられる場合あります。
例えば「巨人倍増」の場合ですと、
頭痛、下痢、胸焼け、耳鳴り、眩暈、動悸などの副作用が報告されています。
あるいはその「巨人倍増」、偽造品である可能性もあります。
即刻、使用するのを中止した方がいいかもしれません。
また、高血圧や心臓疾患のある方は服用しないでください。

他の薬との併用はNG!

他の薬(西洋、漢方問わず)と同時に服用は、避けてください。
どうしても他の薬と併用する必要がある場合は、必ず医者と相談してください。

連続服用、毎日の服用はNG!

いくら健康な方でも、24時間以内には連続服用をしないでください
服用する間、お酒は飲まないほうがいいとも言われています。
「巨人倍増」の使用にあたって即効性があるので、
行為の10~20分前に1錠服用すれば十分です。

また、2日に1度、就寝前に服用することによって
ペニスのサイズを大きく成長させる働きがあるとも言われていますが、
私はオススメしません。特に、過剰摂取は禁物です!
先にも述べたとおり、サプリメント感覚で毎日服用するのは、
健康被害が出る恐れがあるので避けてください。

「巨人倍増」を入手・使用してみたい方は・・・

基本的には天然成分を主とする漢方精力剤の人気商品、「巨人倍増」ですが、
上で述べた通り、個人差、その時の体調により、
副作用も必ずないとは言い切れません。
実際に、副作用の報告もあります。

使用上の注意や、摂取する数量は、必ず説明書に従ってご使用ください。
私が中国語の説明書を翻訳、作成した日本語説明書がありますので、
ご使用前には必ず目を通していただくことをオススメします。

巨人倍増の日本語説明書(PDF)

また、重ねて申し上げますが、
ご購入の際は必ず信頼できる個人輸入代行の通販サイトよりご購入ください。
私が常々利用している漢方精力剤個人輸入代行の通販サイトは、
こちらです。

漢方精力剤の個人輸入代行通販サイト

健康でより快適な性生活のサポートに、
ぜひ漢方精力剤の使用をご検討ください。

漢方精力剤の使い方カテゴリの最新記事